--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2015/07/22

使ったテキスト/塗り方・その他編

前々回の記事では、
先日描いた版権イラストのために使用したテキストのうち、
動物の描き方の参考資料をご紹介しました。

人物を描く際にはコミスタの3Dモデル人形を使用しましたので、
参考資料として特にテキストらしいものはありません。

あえていうなら、テキストではありませんが、
LINEの友人がメールやスマートフォン経由で送ってくれた
「イケメン大奥」関係の画像などが、
私にとってはとても役に立ち、ためになりました。



今回は、塗り方その他参考にした資料についてご紹介します。

まずはSAIの塗り方がとてもわかりやすく説明されているこちらの一冊。



SAI関係のノウハウを解説したブログやサイトでも紹介されて、
かなり有名な本だと思います。

ここに説明された塗り方で、
自分でもできそうだと思ったノウハウを寄せ集めて
自己流に塗ったのが今回の2点のイラストです。

SAI関係では、塗り方のテキストがとてもたくさん販売されています。
何か買いたいけれど、どれを選べばいいかわからないという方は、
まず一冊目として購入するのにいいのではないでしょうか。



今では塗り方のノウハウは、ブログやサイトでも多数紹介されています。
アナログ画材やテキストの使用経験がなく、デジタル慣れしている方は、
必ずしもテキストでなくても、
こういったブログやサイトで十分かもしれません。

私の場合はパソコンの電源を落としている間でも、
紙という媒体を通じてくりかえし
SAIというソフトがどういうものかを学びたかったので、
紙媒体のテキストは必須です。

また、多くの塗り方のテキストは、DVDが付録としてついています。
この付録も、とてもためになると思います。
ブログやサイトにアップされている
メイキング画像にはないよさがあると思います。
プロのイラストレーターの方のレイヤーの分け方などを、
自分の使っているソフトから拝見することができます。



その他、デジタルイラストの塗り方のテキストで、
私が持っているものは以下のものになります。








テキストはどこでも読むことができてとても便利ですが、
お値段もそこそこしますので、
立ち読み、ネットのレビュー、お値段などを総合的に考えて、
描く人に合わせてお好みのものを探すといいと思います。


*****


塗り方のテキストではありませんが、
今回のイラストを描く際に和服の資料として眺めていたら、
つい読み物として読みふけってしまった本がこちらです。



こちらは、もともとは和風武器を持ったキャラクターのポーズ集です。

しかし、この本はポーズや和風武器の解説だけでなく、
和服の仕組みや和風武器に関するコラムが豊富に掲載され、
読み物としても、とても楽しめる本です。


*****


私のイラストの出来では参考にならないかもしれませんが、
今回、版権イラストを描くために、
さまざまなテキストから勉強しました。

私がシマちゃんたちを描くのとは、
ほとんど接点のない技術も多々あったりして(笑)

デジタルイラスト、本当に奥が深いです…。
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

みなせ

Author:みなせ


動物のイラストを描いています。
デジタルイラストの修行中です。
まんがのアシスタントもしています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
pixiv
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。