--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2015/04/30

創作活動は体が資本

先日、まんがアシスタントのお仕事をしていたとき、
どういうわけか肩甲骨のあたりを痛めてしまいました。
肩こりならばときどきおこることなので生活に差し支えありませんが、
今回の痛みはてきめんに生活に差し支えてしまいました。

どのくらい差し支えるかというと、持っているペンを動かしても痛み、
500mlのペットボトルを持ち上げられないほどに激痛が走り、
歩くだけでも響くように痛み、寝込んでも寝られないほどでした。

あまりに痛みがひどかったので私は近所の整形外科に行きました。
診察を受け、レントゲンをとってもらい、電気を流すリハビリを受けました。
お医者様いわく、パソコンに向かって同じ姿勢を続けていることが原因の
筋肉疲労のひどい状態で肩甲骨とその周りが痛むのだということでした。

絵を描くことは、肉体労働だと思います。頭脳労働でもあります。
特に仕事で絵を描いたり細かい作業をする場合はさらにハードです。
創作活動は体が資本なのです。

私はそう思っていたので、早起きできた日にはなるべく
ウォーキングやランニングをするようにして、体調を整えたつもりでした。
それだけでは、どうやら足りなかったのだと痛感しました。

整形外科では強力な痛みどめのお薬をいただいてきましたが、
お薬はあくまで一時的な対症療法でしかなく根本的解決ではありません。
そう思った私は、一人暮らしを始める前に実家でよく行っていた
我流のエクササイズプログラムを実践することにしました。
広い実家に比べ今の部屋は狭いので、ついさぼってしまっていたのです。

私のオリジナルプログラムの内容は、このような感じです。

・ウォーキング(余裕があるときはランニング)
・ラジオ体操
・軽い筋肉トレーニング
・ヨガ(特にパワーヨガ)
・ストレッチ

これを「なるべく」(必ず、ではなくなるべく、というのが重要です)
毎日実践するというものです。

実家にいたころこれらを実践していた私は、当時はかなり体が柔らかく、
体力もありました。絵を描くことで生活しようと考えているならば、
まずは資本となる体をきちんとメンテナンスしなくてはいけないのです。

私のプログラムは我流といっても参考にしている情報があります。
絵を描くことについて書いていこうと思って始めたこのブログですが、
創作活動に必要な体力作りについても、少しずつ書いていこうと思います。
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

みなせ

Author:みなせ


動物のイラストを描いています。
デジタルイラストの修行中です。
まんがのアシスタントもしています。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
pixiv
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。